BLOG - ビヨンドの朝までハンドピック

BLOG, NEWS, 掲載情報

[新聞] NY Times [media]

ニューヨーク発、全世界に取材網を張り巡らせる高級日刊新聞紙『ニューヨークタイムズ』に掲載していただきました。
記事はこちら
ニューヨークタイムズってあの、ニューヨークタイムズ!?
と思いますし、知ってるだけでいかほどの影響力が…と思いましたが
世界中の友人知人たちから「見たで!!」と連絡がくるほど、予想以上に読者数が多そうですし、36 hours~の連載も人気があるそうですし、
掲載後、連日に渡って旅行者の方、在住のアメリカ人の方にご来店いただきました。
皆さん「見ました」とのことで、凄まじい影響力です…

しばしば口にしますが、自分ができることをやっているだけで、たくさんの方にお越しいただいてメディアにも載せていただいて
なんともありがたい話で幸せなことだなと思います
やる以上 人気や知名度も伴うべしと思いますし、それが今まで関わっていただいた方や応援していただいた方に対する恩返しのひとつの形であるとも思っています。
それにしてもニューヨークタイムズに載る日がくるとは思いませんでした…
「ニューヨークタイムズ載ってたコーヒー屋、わし常連やで!!」とか言い続けていただくためにも、引き続きがんばりまーす。

BLOG

shang hai

よくわからないまま上海に行って、帰ってきました 笑
上海は前職で2度滞在したことがありましたが、離島ミッションだったので実質的には初めてのような体感?
Hotelexという超大規模な外食展示会の一角で行われた、shanghai coffee festival
オンサヤコーヒーの東社長が皆で行こうぜ~と招集、東チモールに行った面々で計4日間参加してきました
(私は最初の2日間のみ)

↑持ち場となる建物が遠すぎて全く見えません
とてつもない規模感と、平日にも関わらずの凄まじい集客!
アジア最大の都市における、スペシャルティコーヒーの人気と熱量をしっかり感じることができました。

↑連日このような集客ぶり
各々持参したコーヒー豆は全て売り切れました。。

作業台が高すぎて終始、四つん這いにさせた東社長の背中に乗って淹れてきました
支給されたfellowというブランドのケトル、大変使いやすかったです。
===
これほどの規模の展示なのでモチロン
GIESENからPRANA CHAI、ビッグネームのチャンピオンバリスタなど世界中から集まっていましたが
忙しすぎて一切他のブースや建物の様子見れず!
それでもGesha Villageのオーナー夫婦と初めてお会いしたり
香港やマカオの旧友コーヒーマンと再会したりなど、
思わぬ出会いにも恵まれてラッキーな滞在となりました。
様々な国から出店があったので、お客さんには
どこから来たのか
上海に店はないのか
どういうコンセプトの店なのか
などなど…
普段はそれぞれの会社を経営する3人が、それぞれ焙煎してきたアジアのコーヒー豆をPRする!
というミッションを掲げて参りましたが、その時点で周りと比べて特殊すぎました笑
上海の人たちに少しでも覚えていただけたらと思います
向かいのcoffee t&iや、雲南省のコーヒー会社の方とも交流があり
新しい繋がりも作れて良かったです。
===
ほぼ終日、東さんの背中に乗っていたので、特に市街も見てまわれず
それでも食事は美味しかったし、アジア最大といわれるだけあって完全なるシティでした
普通に遊びに来てもおもしろそうです。新しい旅の目的地ができました~

NEWS

GW営業時間のお知らせ

4月27日よりゴールデンウィークですね。
期間中は4/30(火)、5/1(水)通常通り定休日と致します。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

BLOG, お店のこと

コーヒー教室と求人

につきまして、春になったからかよくお問い合わせいただきます。
どちらも今のところ予定ありません!ご容赦ください。
コーヒー教室に関しましては、お店として定期的に実施したほうが、絶対的に良いような気がしているのですが
自分たちでさえ毎日、
投入量ガー
粒度ガー
湯温ガー
など言いながら営業しているほどなので、
人にお伝えするほどでもない身分に感じているのが実施しない理由になります
そういう意味では昨日より今日、今日より明日がビヨンドの最新、最新が一番美味しいつもりでおりますので
店頭やメールなどでご不明な点はお気軽にお尋ねくださいませ。

もうすぐツーができて一年経ちますが
さらに求人するぜ!という状態までお店をもっていけなかったのは私の力不足に他なりません…
コーヒー(飲食)業界の人材に関しましては思うところ多々ありますが
メルボルンみたいに、複数店舗掛け持つのが自然なことで、かつ実力でシフトを勝ち取る仕組みが出来上がったらいいのになと思います。
時給も2000~3000円みたいなね!
今月末上海出張ありますが、それ以降は去年より穏やかに経過していきそうな気がしますので
来年の飛躍(!)のために粛々と準備する心構えで過ごしたいと思います。

お店のこと, 商品:コーヒー豆

投入量とガス

たまにはテクニカルなお話を
当店の焙煎機は2kg釜サイズでして、生豆を一度に2kg投入できるキャパシティ、という仕様になっております。
5kgのものもあれば30kgのものも存在します、2kgというのは小型に相当します。
うちの機械は特に、デジタルな機能が一切ついていないので、考慮すべき部分というのが
・生豆の投入量
・投入時のドラムの温度
・ガス圧
程度のもので、焙煎始まってしまえば投入量、投入するときの温度というのはクリアー
あとはガス圧を調整するのみの単純明快なやり方で日々焙煎しています。本当に他に触れる要素がないので、
「いや~電源いれてガス点火したらできますよぉ~…」とよく言うんですけど、半分くらいホンマの話なのです。
焙煎し始めてあっという間に5年ほど経ちました。すっかりベテラン?中堅じゃないですかね、アスリートで例えたら海外移籍しててもおかしくないキャリアです
始めた頃から、俺はできるぜ~という気持ちでやってまいりましたが
上記のような少ない要素しかないのに、「まだこんな方法があったのか!!」という発見がまだまだあるものです。
最近 特に気にするのが投入量です
一度に1kg入れるのか、1.2kg入れるのか、2.5kg入れるのか 笑
それに対してどれくらいのガスパワーで始めるのか、どれくらいの温度のときに投入するのか…
そうしたら3分経過したときに何℃になってて、さらに何分経過して1ハゼさせて…と逆算もしつつ。
そういう要素たちを銘柄ごとに一定にするように心がけているのですが、そうし始めたのは割と最近の話なのです。
結局 原料のポテンシャルをいかに引き出すかというところに尽きるのですが、
そのためには1kgより1.2kg入れたほうが美味しくなりやすかったり、
1.0kgよりは1.1kgの方が安定したり、ということですね
昔は需要に応じてたくさん入れたりもしてましたが、最近はカチっと決めつけてやってます。
今日からリリースのグアテマラも、長く扱ってきたアンティグア産のものとは全く違った様相で
かなり繊細な火のあて方をするように心がけています。繊細だから量を少なく焙煎するかというと、
1.0kgで焙煎してみたらなんとも輪郭のない味になってしまったので、敢えて1.2kg投入して、あとはガス圧の調整で上手くハメ込みました。
プロファイルで言うとコスタリカに近いですが、全体的にそれより弱火です。
===
以前 1.0kg投入でケニアのFWとアンティグアを超浅煎にしてみたことがありました。
大変美味しくできたのですが、このプロファイルをNEWグアテマラ(ウエウエテナンゴ)でやってみても美味しくならず
おそらく豆が繊細すぎて投入時の強火力に耐えられなかったのでは…と思っているのですが、
やはり複数の銘柄で上手くハマる特定のプロファイルが、何にでもハマるわけではないということですね
ということは、ケニアFWとアンティグアは同じ焙煎の仕方でいいのか…?と言うと、ざっくり同じでいいのだと思います。
自分の中で、こうやって切り分けしていきながら蓄積していきまして、
まず どのくらいの焙煎度合にするのか、
そしてどのような生豆の特徴だから、どのくらいの量入れてどのような火のあて方をしていくのか。
こうやって大体、生豆が届いてから3回以内に、自分の中の引き出しを開け閉めしながら、リリースするときのプロファイルを作成しています。
2回目でキマったときが一番嬉しく、3回やってキマらないと心が折れます笑
とは言っても今週届くサルバドルのロットも、以前取り扱ったことのある銘柄。
早い段階で美味しく仕上げたいところです!

商品:もろもろ

BEYOND ORAYAKI [終売!]

4/8更新
完全に売り切れました!
また復活しますように…

===
どら焼き食べたすぎて
まいどお世話になりまくりのハーロウアイスクリームに作ってもらいました 笑
構想1年強!

今回は、コーヒー1mmも入っておらず
しかしハーロウらしさを表現していただくために、あんことともにチョコレートをON
そのチョコには、アイスクリームのワッフルコーンが散りばめられており
あんこも美味しい、生地も美味しい、チョコも美味しい、たまにシャリっとしてそれも美味しい…
という凄まじいクオリティのどら焼きに仕上がっております。
ツーでコーヒーのお供に、
販売日より賞味期限数日間ございますので、お持ち帰りいただいてもよし
3/4現在、初回リリース後の製造が追いついておらず、近日中に再入荷
初回ゲットされた方々も皆さま絶賛なので、またすぐ売り切れると思います、お早めにどうぞ。
もしかしたら、今月中で終売となるかもしれません…幻!
帯は久しぶりにヒロエ巨匠へお願いしました
神さまがどら焼き持っておられます。きゃわわ~
===
BEYOND ORAYAKI
¥300 / 個
店頭販売のみ、発送なしです!

NEWS, お店のこと, 商品:もろもろ

DADA NUTS BUTTER 取扱のお知らせ


USHIO CHOCOLATL、ハーロウアイスクリーム
特に繋がりの強いこちらの2社経由で出会うこととなりましたDADA NUTS BUTTER
ビヨンドにて取扱、販売スタートです。
ナッツバター…といっても原料はナッツと少しの塩だけ。すりつぶす過程で、ナッツに内包される良質な油分が表れペースト状になります。
存在感抜群の濃厚ミラクルパンチな調味料、
アーモンドバター
クルミバター
カシューナッツバター
ヘーゼルナッツ+チョコレートのチョコスプレッド
以上の4種展開です。
1190 JPY / 個
1600 JPY / ヘーゼルナッツ
===
お肉 x アーモンドバター
担々麺 x カシューナッツバター
たこ焼き x クルミバター (←ブン様オススメ!)
それぞれ、シンプルなパンやアイスクリームに合わせても◎
日本人としてナッツバターそのものに慣れてないだけで、
七味くらい万能な気がしてきております!
兵庫県にて取扱は当店のみ
是非お買い求めにお越しくださいませ、お待ちしております。

NEWS, 取扱店

珈琲のための器展 @ アートスペース油亀


USHIO CHOCOLATL、あっくんのご紹介で
岡山の素敵なアートギャラリー、油亀さんで開催中の
珈琲のための器展
こちらにて、当店のコスタリカと#2を販売していただいてます。
毎年開催されるというこのテーマの展示、
今回10周年ということで、スケールも大きめとのこと
私も面識がないままでしたので、先日ご挨拶に行ってまいりました。
予想を遥かに上回る、完成された素晴らしい空間と器の数々。
ひっきりなしに入ってくるお客さん(!)。
圧倒されてしまいました。
===

岡山といえばこの人、オンサヤ代表 東さん。
「9時に来いや〜」と、8時過ぎの新幹線に乗りまして
9時から、オンサヤ各店への配達に付き添わせていただきました笑
そのまま油亀さんへ連れて行っていただきまして、コーヒーを淹れに来ていた広島の鬼才、ヤマ〜さんと3ショット
せっかくなので、山さんのいる日に訪問したのでした。
来月まで行われる、珈琲のための器展
是非皆さまお立ち寄りくださいませ〜

BLOG, 商品:コーヒー豆

online shopが…

2月も折り返しとなりましたが
online shopのご注文が、月間平均の倍のペースで入ってきています。何が起きているんでしょうか…
今までは少なかった、四国や九州からのご注文が徐々に増えていて嬉しく思います。
皆さま何かの拍子に当店のことをご存知になって、
coffee shochuを販売するばかりに設定された、面倒な「はい」「いいえ」の関門をくぐりぬけて決済ボタンまで辿り着かれていることと思います。
本当にありがとうございます!
過去記事に当店推奨のレシピがありますので、ご覧になりながら淹れていただけましたらと存じます。
===
美味しすぎて瞬く間に残り僅かとなりました、ご好評いただいたケニア・エンデベス農園のコーヒー
ケニアなのにナチュラルプロセスということで大変珍しいものでしたが、予想以上の大反響でございました。まもなく終売です。
新しく登場しましたゲシャビレッジですが、こちらも仕入量僅かにつき、3月下旬程度までの販売となりそうです。
また、ルワンダのロットもこの調子でいきますと3月途中での終売です。ここから夏まで端境期、仕入れに困るシーズンの到来ですね
今期まだ、ニカラグアやサルバドルのコーヒーを試していないので、何か良いものが見つかれば…
次はグアテマラのウエウエテナンゴより、新しいコーヒーが届く予定です。楽しみにお待ちくださいませ。

BLOG, NEWS

[在庫] USHIO CHOCOLATL

2/14 更新
バレンタインデーとなりました。
現在のUSHIO CHOCOLATLのラインナップは以下の通りです。
・コーヒーブレンド
・グアテマラ
・ハイチ
・ガーナ
・ベトナム
・タンザニア (NEW)
以上 6種類ございます。
¥756 / 枚
グアテマラとタンザニアは¥864
最新の在庫状況はお電話にてお尋ねくださいませ。

当店のコーヒーを10%配合したコーヒーブレンド、新登場でパッケージも美しいタンザニアが人気です!

新着情報・不在/定休日情報などはfacebookページをご確認ください。

ACCESS

商品情報、在庫状況、お休みのお知らせ、など

営業時間

日 - 土
11:00 – 19:00
火水定休

アドレス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-17-2
TEL : 080 2429 5903
E-mail : info#beyondcoffeeroasters.com
* #を@に変えて送信ください *

2号店

左記住所の本店斜向かいに、2018年4月にコーヒースタンドをOPEN致しました。
フィルターコーヒーやエスプレッソドリンク、コーヒーリキュールをご用意しております。
お気軽にお越しくださいませ。