お店のこと

BLOG, お店のこと, 商品:コーヒー豆

今年最強のラインナップ

ウガンダ、ニカラグアカスカーダ農園など届きまして、毎年お世話になるコスタリカソノラ農園もニュークロップが到着
いま、今年、一番イイ商品群となっています。
特にニカラグア、大粒品種のもので浅煎にしていますが、COE入賞経験も豊富にある農園とのことで、相当素晴らしいクオリティです。
本日付にて在庫も折り返し、是非この美しい風味のコーヒーをお早めにお試しいただければと思います。
店頭ではコスタリカをエスプレッソ用に採用、ラテ、ロングブラックどちらも美味しく仕上がっております
よろしくお願いいたします!

NEWS, お店のこと

11月14日(木)15:00オープンです

3年に一度の定期研修のため、14日(木)は15:00頃のオープンとさせていただきます。
酒販免許に係る講習です、ご不便をおかけしますが何卒宜しくお願い申し上げます。

BLOG, お店のこと

5年を経過しました

おかげさまで
2014年10月5日(日)に仲間たちを集めて市内某所から現在の小屋にギーセンを素手で担いでやってきてから5年を迎えました。
5年と言うとすっかり中堅‼︎
5年の間に色々ありましたので、現在の状況が果たして5年前に目指していた姿から比べてどうなのか
当時の自分の考えも、今はほとんど無いようなものなので、良いのか悪いのかも判断しづらいように思います
ひとつ言えるのは徐々に発展しながら5年を迎えられたこと、これは本当に素晴らしくて
なんの変化もなく続いたわけではなく、店舗も増え、一緒に仕事ができる素敵な取引先も増え、海外出張にも恵まれ、
ニューヨークタイムズに載せてもらえるコーヒー屋さんになれました、やったぜ、ラッキー、皆様ありがとうございます
そういった面だけフォーカスすれば大成功のように思えてきますが、
自分が気にしている他の面だったり、日々色々考えて、課題や目標のように捉える事柄を達成していくためにも、
まだまだやらなければならないことばかり、あっというまにジジイになってしまいそうです

5年前10年前から変わってないことがふたつあって
ひとつは『準備こそ全て』という概念で、仕事している間はもちろん、その間に常にパフォーマンス発揮するためにも
仕事ではない時間を大切に過ごさないといけない、というもので
つまりしっかり睡眠とったり食事したり、働いていない間に仕事のための課題に時間を費やすようなことであったり
こうやって書くと至極当然のことなのですが、店を増やして人を増やしてないので、ここ何か月ほとんど順守できておらず;
今から寒くもなりますし、いっそう用心してまいります…
もうひとつは屋号のとおり、「他のお店がやってないことをする」
コーヒーなんて焙煎して砕いてお湯をかける以上でも以下でもないので、差別化しにくい部分があると言ってよいと思うのですが
諸外国生活時代、様々な国のサードウェーブ以降のコーヒーショップに立ち寄ってみて感じたのが
どこもちょっと似とる
というもので、美味しい、浅煎り、カッコイイ
けれどもどこか共通する、メニュー構成や内装など
一周まわって、日本の喫茶店めちゃ独自のカッコよさと存在感あるやん…と思ったのをよく覚えています
その背景あっての、小屋でキャリアをスタートさせたり、
チョコレートやナッツバター、ひいてはCOFFEE SHOCHUといった商品群
壁が緑と白すぎる新店舗もできて、美味しいコーヒーがある以上の独自性を示せている自負あり、
うまくやれてるように思います。
先日他府県のロースターの方と話した際、「最近の店はどこも似ているような気がして、ススメづらいと思うときがある」
と仰っていて、「その点ビヨンドの個性は…」と褒めなのかdisだったのかは分からないですが、
とにかくコーヒー屋さんが普通にやることは他のコーヒー屋さんに任せて、それを指標に違うことをやり続けていきたいものです。
そういう意味では焙煎所を移したり、焙煎機を大きくするのではない発展の仕方をしたいですね。
どうなるでしょうね〜

↑お祝いにハンデちゃんが描いてくれました
スゲェ〜

NEWS, お店のこと

夏季休暇のお知らせ 8/3 – 9

ゴールデンウィーク前から、ブラック社畜カヨ!と思うくらい定休日にも色々やることがあったのですが
遂にほとんど全部終わらせられました。やっと仕事らしい仕事できる…
8/3(土)はアックン引退パーティー参加のため尾道出張です、土曜日CLOSEしますのでそのまま夏季休暇突入とさせていただきます。
8/3(土) – 9(金)
店頭、online shopともにCLOSEです
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
いつも夏休みのテーマは避暑
去年は休みどころか実際のところティモール出張、その前がオーストラリアで冬体験でした
今回はさらにその前ぶりの北の大地へ
北大かモエレ沼公園でゆっくりしてきます。
===
ついでに申し上げると10/6(日)は六アイで開催の神戸マルシェに出店予定
その準備で8/26(月)は17:00頃CLOSEとさせていただきまーす。

BLOG, お店のこと

[6/18] DRINK MENU

2019. 6. 18 現在のメニューご案内です。
===
FILTER COFFEE [V60] – 500JPY
CAFE LATTE – 550JPY
LONG BLACK – 500JPY
ESPRESSO W/ TONIC – 600JPY
COFFEE SHOCHU – 750JPY
CASCARA SYRUP W/ SODA – 550JPY
CHAI LATTE by PRANA CHAI – 550JPY
HIGH BALL by Fernet Hunter – 750JPY

COFFEE JELLY LATTE – 750JPY
C. P. C (Cold Peppermint Chai) – 600JPY
チョコレートミロミロ – 600 JPY
RAPHAEL – 900JPY (ESPRESSO W/ TONIC + FERNET HUNTER)
Harlow COFFEE COOKIE – 180JPY
===
フィルターは種類をお選びいただけるのと、
エスプレッソも浅煎と中深煎からお選びいただけます。
浅煎は現在ケニア。トニックウォーターと非常に相性のよい風味です、ニューヨークタイムズにも名指しでオススメいただいたエスプレッソトニック是非お試しくださいませ。
昨夏に続いてコーヒーゼリーラテ、
今年からはPRANA CHAIペパーミントブレンドをコールドブリューしたアイスチャイラテもスタンバイ。
USHIO CHOCOLATLからミロミロも届きました。
アイスクリームはもう少し先ですかね…
プラゴミ問題が去年から言及され始め、色々思うところはありますが
店内紙ストロー導入、テイクアウトドリンクは一部、ストロー不要のフタ採用しております。

BLOG, お店のこと

コーヒー教室と求人

につきまして、春になったからかよくお問い合わせいただきます。
どちらも今のところ予定ありません!ご容赦ください。
コーヒー教室に関しましては、お店として定期的に実施したほうが、絶対的に良いような気がしているのですが
自分たちでさえ毎日、
投入量ガー
粒度ガー
湯温ガー
など言いながら営業しているほどなので、
人にお伝えするほどでもない身分に感じているのが実施しない理由になります
そういう意味では昨日より今日、今日より明日がビヨンドの最新、最新が一番美味しいつもりでおりますので
店頭やメールなどでご不明な点はお気軽にお尋ねくださいませ。

もうすぐツーができて一年経ちますが
さらに求人するぜ!という状態までお店をもっていけなかったのは私の力不足に他なりません…
コーヒー(飲食)業界の人材に関しましては思うところ多々ありますが
メルボルンみたいに、複数店舗掛け持つのが自然なことで、かつ実力でシフトを勝ち取る仕組みが出来上がったらいいのになと思います。
時給も2000~3000円みたいなね!
今月末上海出張ありますが、それ以降は去年より穏やかに経過していきそうな気がしますので
来年の飛躍(!)のために粛々と準備する心構えで過ごしたいと思います。

お店のこと, 商品:コーヒー豆

投入量とガス

たまにはテクニカルなお話を
当店の焙煎機は2kg釜サイズでして、生豆を一度に2kg投入できるキャパシティ、という仕様になっております。
5kgのものもあれば30kgのものも存在します、2kgというのは小型に相当します。
うちの機械は特に、デジタルな機能が一切ついていないので、考慮すべき部分というのが
・生豆の投入量
・投入時のドラムの温度
・ガス圧
程度のもので、焙煎始まってしまえば投入量、投入するときの温度というのはクリアー
あとはガス圧を調整するのみの単純明快なやり方で日々焙煎しています。本当に他に触れる要素がないので、
「いや~電源いれてガス点火したらできますよぉ~…」とよく言うんですけど、半分くらいホンマの話なのです。
焙煎し始めてあっという間に5年ほど経ちました。すっかりベテラン?中堅じゃないですかね、アスリートで例えたら海外移籍しててもおかしくないキャリアです
始めた頃から、俺はできるぜ~という気持ちでやってまいりましたが
上記のような少ない要素しかないのに、「まだこんな方法があったのか!!」という発見がまだまだあるものです。
最近 特に気にするのが投入量です
一度に1kg入れるのか、1.2kg入れるのか、2.5kg入れるのか 笑
それに対してどれくらいのガスパワーで始めるのか、どれくらいの温度のときに投入するのか…
そうしたら3分経過したときに何℃になってて、さらに何分経過して1ハゼさせて…と逆算もしつつ。
そういう要素たちを銘柄ごとに一定にするように心がけているのですが、そうし始めたのは割と最近の話なのです。
結局 原料のポテンシャルをいかに引き出すかというところに尽きるのですが、
そのためには1kgより1.2kg入れたほうが美味しくなりやすかったり、
1.0kgよりは1.1kgの方が安定したり、ということですね
昔は需要に応じてたくさん入れたりもしてましたが、最近はカチっと決めつけてやってます。
今日からリリースのグアテマラも、長く扱ってきたアンティグア産のものとは全く違った様相で
かなり繊細な火のあて方をするように心がけています。繊細だから量を少なく焙煎するかというと、
1.0kgで焙煎してみたらなんとも輪郭のない味になってしまったので、敢えて1.2kg投入して、あとはガス圧の調整で上手くハメ込みました。
プロファイルで言うとコスタリカに近いですが、全体的にそれより弱火です。
===
以前 1.0kg投入でケニアのFWとアンティグアを超浅煎にしてみたことがありました。
大変美味しくできたのですが、このプロファイルをNEWグアテマラ(ウエウエテナンゴ)でやってみても美味しくならず
おそらく豆が繊細すぎて投入時の強火力に耐えられなかったのでは…と思っているのですが、
やはり複数の銘柄で上手くハマる特定のプロファイルが、何にでもハマるわけではないということですね
ということは、ケニアFWとアンティグアは同じ焙煎の仕方でいいのか…?と言うと、ざっくり同じでいいのだと思います。
自分の中で、こうやって切り分けしていきながら蓄積していきまして、
まず どのくらいの焙煎度合にするのか、
そしてどのような生豆の特徴だから、どのくらいの量入れてどのような火のあて方をしていくのか。
こうやって大体、生豆が届いてから3回以内に、自分の中の引き出しを開け閉めしながら、リリースするときのプロファイルを作成しています。
2回目でキマったときが一番嬉しく、3回やってキマらないと心が折れます笑
とは言っても今週届くサルバドルのロットも、以前取り扱ったことのある銘柄。
早い段階で美味しく仕上げたいところです!

新着情報・不在/定休日情報などはfacebookページをご確認ください。

ACCESS

商品情報、在庫状況、お休みのお知らせ、など

営業時間

日 - 土
11:00 – 19:00
火水定休

アドレス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-17-2
TEL : 080 2429 5903
E-mail : info#beyondcoffeeroasters.com
* #を@に変えて送信ください *

2号店

左記住所の本店斜向かいに、2018年4月にコーヒースタンドをOPEN致しました。
フィルターコーヒーやエスプレッソドリンク、コーヒーリキュールをご用意しております。
お気軽にお越しくださいませ。