2016, 03

BLOG

異国の話 – Hong Kong

あっという間に一か月経ってしまいましたが
先月のとある日 0泊2日で香港に行っておりました。
すぐに済んでしまうような、でも実際に行く必要のある用事があり
泊まってもよかったものの、泊まるまでもない用事であり
香港は宿代の高さも気になるので、調べてみたところ
滞在約13時間の日程で行き来できることが判明、強行突破してまいりました。
ちなみに ピーチのフライトで
05:45三宮発→08:30関空発…
01:00香港発→08:00三宮着 といった感じです、帰ってきてからがしばらくしんどかったです…
その野暮用も、なんと着いてスグ空港内で済んでしまうという珍事件が起きましたが、
気を取り直して街へ繰り出しました。
香港といえば、
前職で何度も訪れた最も馴染みのある国のひとつで、トーキョーなんかよりも余裕で詳しいレベルです。
空港⇔街間は、当日中ならAirport expressという片道約25分の特急が往復1,400円程度で利用できるので
へたに泊まるよりも、かなりオススメかもしれません。宿が高いうえに良くないのですよね香港…
===
まず とりあえずランチがてらSunday’s Groceryへご挨拶です
Photo 2-25-16, 14 46 32
Kennedy Townという新しいエリア、MTR(地下鉄)の駅もぶっちぎりでキレイなんですが
空港からですとAirport expressで香港駅へ、そこから中環駅まで歩いて乗り換えてKennedy Town駅へ
駅からサンデーズまでは徒歩数分です。
入店するとお昼下がりなので、何名かお客さんがいてはってサンドイッチをお召し上がり中
スタッフさんたちがBunn San!と歓迎してくれます。いつもお世話になっております!!
なんか食べる?と言われて、instagramでよく見てたスコッチエッグの半熟っぷりがヤバそうなサンドイッチを頼む気満々でしたが、もうなくなったと言われて、勧められるがままチキンのナントカサンドイッチをオーダー。
相変わらずとんでもなく美味しかったです。
この会社の商品のクオリティは本当にレベルが高くて、以前YardbirdでいただいたShiso duck fried riceは、
シソだけはどうしても好きじゃない自分が『この世で最強に美味いチャーハンなんじゃないか』と食べた瞬間感動したのも記憶に新しく、
そのチキンのナントカも、めっちゃ好きな食材だらけ~というわけでもなかったのに
最強に美味いなぁ~と思わされてしまいました。あぁ~すごいすごい
Photo 2-25-16, 15 22 23
お昼でしたがもはや空港内で任務達成してしまったので、coffee shochuもいただきつつ、
なんかスイカのカクテルも飲ませてくれました。キャンディみたいな甘さで美味しかったです。
そこで他のお客さまがcold brewをオーダー!
Sunday’s Blendのレーコーが飲まれる瞬間に立ち会いました。
「コレ君が焙煎したのかい!?
…とっても美味しいワ!!」と言っていただけて安心しました。。ホッ
と嬉しいひとコマもありつつ次の目的地へ
BrewNote Coffee Roasterは、その前職のときに最も仲良くなったVincentという男の子がオーナーのコーヒーショップ
北角(North point)というメインアイランドやや東のエリアにあります。Kennedy Townから1本です
当時はお互いエンジニアだったり雇われロースターだったりしましたが
なんとか立派に独立しましたね!!
ふたりともGIESENユーザーですが、彼のはデジタル仕様です
Photo 2-25-16, 18 11 13
会う度にPCの焙煎管理ソフトを自慢してきます。。
数日前に焙煎したパナマとウシチョコをお土産に持って行ったら、
交換だぜ~と大量にケニアをくれました。。お土産なのに。。
ラテを注文したら、アカン!と言われて、じゃあエスプレッソ、と言ったら
V60されたイルガチェフェのナチュラルとコスタリカのナチュラルがでてきました…
もうタプンタプンです…
また来るわ~と北角から今度は上環へ、こちらもMTRいっぽんです
Hikaru SanのBrew Bros Coffeeを訪れましたが、時間ギリギリだったのでコーヒー飲めず
閉め作業を待つ間にビールがでてきました…
夜ご一緒する約束をしていたので、どかどかとビールを飲んで喋って一人空港へ戻りました。
こうして書くと飲んでばっかりの滞在ですね…
Brew Brosは大阪出身のHikaru氏がオーナーで、きさくに日本語対応していただけますので
もし香港に行った際はきっと頼りになりますので遊びに行ってみてくださいね!!
近所には、Vincentと一緒に昔仲良くなったDawn君がバリスタを務めるCupping Roomもありますが、
今回は時間切れにて寄れず。
Dawnはいつのまにかバリスタチャンピョンになってしまって、WBCでも確か2位になっていたし、ブッチギリの出世頭ですね、
昔Vincentと3人でワイワイ騒いでたのが信じられません…
去年Cupping Roomで再会した際、ナノロットのコロンビアのナチュラル精製のコーヒーを淹れてくれましたが
もはやクランベリージュース…!なんじゃこりゃ、
というスーパートップクオリティのコーヒーを淹れてくれました。さすがチャンピョンです
ちなみに焙煎はアメリカのロースターから空輸しているそうで、モチロンかなり浅めです
いわゆるスペシャルティコーヒーは、都会に行けばだいたいどの国でも探せばあるものですが
香港は総じてレベル高めで大変楽しいです。街がコンパクトでアクセス良いのも魅力ですね。
===
前回買いそびれたパンダクッキーをしっかり手に入れて帰国、Yardbirdでチャーハン食べるチャンスがなかったのだけ無念だったものの
フライト時間は長くないし、早朝出て正午に着く総移動時間はネックですが
それでも宿泊せずに帰ってこれる距離なのはなかなかの魅力なのではないでしょうか。
香港PRになってしまいましたが、日を選べば往復3万円以下で済みますし、楽しいですよ~

NEWS

[通常版発売中] BEYOND x USHIO CHOCOLATL コーヒーチョコ

2/13更新
ビヨンド1周年として、先駆けて販売しましたコーヒーチョコでしたが
現在、店頭にて通常ラインナップ版として再登場しております。
(パッケージは限定版のときと異なります)
是非お買い求めくださいませ!

12/4 更新
おかげさまで、ウシチョココラボコーヒーチョコ完売致しました、
10月末の販売開始から、年内になくなるかなと予想してましたが、ちょうど1か月程度での完売となりました。
お買い上げいただきました皆様、ありがとうございました!

===
今年最も重要な出会いのひとつといっても差し支えないでしょう、
尾道のUSHIO CHOCOLATL
ビヨンド移転1周年を機に、コラボコーヒーチョコをつくっていただきました。
さらに数量限定、専用パッケージです
BEYONDP1010184_S
イラストはもちろん、缶や手ぬぐいでまいどお世話になってます巨匠・Hiroe氏
巨匠の詳細はコチラ→→→
コーヒーと違ってチョコレートは日持ちしますが、
それでも鮮度大事、お早めにお買い求めくださいませ!
===
BEYOND x USHIO CHOCOLATL
コーヒーチョコ
カカオ:トリニダード・トバゴ産
コーヒー豆:Indonesia Sumatra Mandheling Tano Batak – 中深煎
価格:900円(税込)
数量限定・お取り置き承ります。Eメールにてお問い合わせください
===
12193570_1697420497166020_6538214269453512630_n

BLOG

異国の話 – 海外移籍

日帰り香港から軽微な頭痛が治りません
ビヨンドです。
去年はお仕事での香港以外に、プラハに旅に出ましたが、
今年も時間を作って旅に出たく思っております。南半球に行ったことがないので、知人も複数のオーストラリアかなあと漠然と考えてます
コーヒー屋さんを巡るコーヒー屋さんって多いんですけど、もはや世界規模でそれを終えてしまっておなかいっぱいのビヨンドは、
今更メルボルンということもなく、しかし美味しい食べものが多いらしいので立ち寄ってみたく
飲食店では当然ありませんが、食品加工の一端を担う者として、また高品質原料を取り扱う者としても、
コーヒーだけじゃなくて色んな食事をすべしと毎日心がけています、コーヒーに限らず美食の噂がたくさんのメルボルンは魅力的です
===
最近、メルボルンにワーホリに行くぜというコーヒー従事者が増えている気がしております、バリスタの方々ですね
英語のできるできないは別として、当然ある程度できないとダメなんですが
第一線のバリスタの時給3,000円とも言われるメルボルンにバリスタとして働きに行くということは、相当な即戦力じゃないとだめでして
文化の次元がまるっと異なる地に興味を持つのは分かりますが、思い出づくりに海外移籍するJリーガーはいないわけですし、
そのモチベーションでメルボルン行っても何も得られないのでは…という人が増えているようで勝手に心配してます
このままいけば数年後にはあふれんばかりのメルボルン帰りのバリスタが…
メルボルン帰り(笑) みたいにならないといいんですけど…
『1日何百杯も捌くという作業をこなす』ことを高みと捉えるならば、バッチリでしょうけれど
それをできるようになったとしても、帰国した時にそれを活かせる場所がほとんどないですからね…
(メルボルンに移住して働き続けるなら理に適う部分が大きいですが)
といった心配をしているのを、香港でメルボルン帰りのバリスタにしてみたら『そりゃあヤバイっすね~』とのことでした。。ヤバイ。。
ワーホリとアスリートを比べたらアカンか、と思ったけど、雇ってもらって仕事する分には一緒ですからね、
皆さん日本代表の気概をもってぶちかましてきていただきたいですね。
そんな神戸代表の気概だけはじゅうぶんのビヨンド、先週発売になりましたことりっぷマガジンに掲載されております
神戸・門司港・富山の港町特集です!
書店でみかけたら是非チェックしてみてくださいませ!

新着情報・不在/定休日情報などはfacebookページをご確認ください。

ACCESS

商品情報、在庫状況、お休みのお知らせ、など

営業時間

日 - 土
13:00 - 19:00
火曜定休
営業日時は facebook / Instagram / twitter でご確認下さい。

アドレス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-17-2
TEL : 080 2429 5903
FAX : 078 330 4019
E-mail : info#beyondcoffeeroasters.com
* #を@に変えて送信ください *

ご注意

○ 配達、発送業務、イベント出店などで不在にしていることがあります。お越しいただく際事前にご連絡いただけると確実です。
○ 希望の商品がございましたら取り置き可能です。 お気軽にご連絡ください。